【超まとめ】40代転職活動のやること全リスト

この記事では48歳のわたしが行った転職活動をまとめています。必要な準備、利用するサービスなど、なるべく具体的に記載していきます。

*転職活動時期は2020年9月開始です。
*このページは随時更新していきます。

はじめに:期限が決まってしまうことから始めよう

ご紹介する順序としては本来ならば「求人を探す前に準備しておくこと」になるはずです。履歴書の作成や転職理由、自分の強みを見つけたりするのもそのひとつです。転職に関する書籍を買う人も多いでしょう。

しかし、個人的にはキャリアカウンセリングを受ける予定を先に決めてしまうほうが良いと感じました。つまり誰かと転職について話し合う日時を決めてから、そこに向けて準備するということです。

おむ
おむ

不安だからこそ、自分だけで悩まずアドバイスを受けながら準備しましょう。

キャリアカウンセリングで良い評価を受けようとするばかり、準備だけで時間が過ぎていくのは得策ではありません。どうせ完璧な準備など出来やしません。

わたしの場合は何ひとつ準備せずに転職エージェントサービスに登録し、キャリアカウンセリングを5日後に決めてしまいました。そこから慌てて職務経歴書や希望条件を準備するのは大変でしたが、そうでもしなければいつまで経ってもスタートを切れていなかったと思います。

期限を決めることで毎日が無駄なく活動できます。また誰かに考えをぶつけることで整理することも出来ます。全部自分でやろうとせず、友人家族に悩みを聞いてもらったりプロのアドバイザーに指導してもらいながらの活動が正解です。

ビビ
ビビ

履歴書用の顔写真を撮るから散髪の予定やお肌の調整はしておきたいわね

ポポ
ポポ

ぽっこりお腹も面接までに少しは凹ましておこう。ビールは我慢!

それでは本題に入りましょう。

転職支援サービスへの登録①転職サイト

doda(デューダ)

リクナビNEXT(ネクスト)

転職支援サービスへの登録②転職エージェント

doda(デューダ)・iX転職

リクルートエージェント

JACリクルートメント

ビズリーチ

履歴書・職務経歴書の準備

職歴や給与に関することは退職後に調べることが難しくなるので早めにやっておきましょう。自分の実績(数値)についても同様です。転職しなくても年に一回、振り返ることもよいでしょう。

  • 最終学歴
  • 語学力・資格
  • 職務経歴
  • 自己PR
  • 現在の給与、月収、賞与額、残業代
  • 転職がバレたくない企業の名称

転職希望条件、理由の明確化

  • 希望業種、職種
  • 希望年収
  • 希望勤務地
  • 転勤のOK、NG

Web面接の環境準備

アドバイザーとのキャリアカウンセリングや、求人企業との面接に使います。スマホだけでも可能ですが、なるべく快適な環境を整えておきましょう。相手から画像が見にくかったり、聞き取りにくいとマイナスの印象を与えます。

  • ZOOMの利用経験(始めて面接で使うということのないように)
  • パソコン(またはタブレット)
  • カメラ、マイク

転職関連書籍

いくつか転職関連の書籍を買って情報を整理しておくことをおすすめします。ネットでの情報収集は情報の新鮮さが売りですが、体系的には理解しにくいので書籍のほうがいいです。わたしが言うのもなんですが。