資格をアピールした転職について

 

資格を持つことで自分のスキルを伝えることができますし、転職をする際には採用に資格が優先されることもあります。
仕事をしながら資格を取ることで、日々の時間配分ができる人とみなされ評価につながりますし、転職を考えている人にとっては有利でしょう。

 

しかし、たくさん資格があるからといって採用が決まるわけではありません。今までの職種とは異なった企業に転職を希望する場合には、それまでに取得した資格は役立たないことがあります。
いくらスペシャリストな資格を持っていたとしても、実務に関係が無ければアピールにはならないかもしれません。
また、自動車免許やパソコンの基礎的な資格などもアピールになる可能性は低いでしょう。
ほとんどの人が当たり前のように持っている資格でアピールすることはなかなかできないため、他の人が持ち得ない資格を目指すことや、転職先で活かすことのできる資格を取得することが大切です。
また、実務経験が全くないのに資格だけ所持している人も、実務経験が長い人と比べると採用されにくいかもしれません。
資格を持つことでかなりの強みになりますが、採用側は実務経験やその人本人の能力を判断しているのですから、必ずしも資格があるだけで採用されるということはないということです。


このページの先頭へ戻る