「Iターン」や「Uターン」の転職方法

 

「Iターン」や「Uターン」をする転職が注目されています。
「Iターン転職」とは、都市部で仕事をしていた人が自分の故郷ではない地方の仕事に転職することで、「Uターン転職」は、自分の故郷の仕事に転職して戻ることをいいます。
仕事をする場所を重要視して行われる転職方法ですが、転職活動をする上で仕事内容と同じように重要なポイントかもしれません。
本当は地元で仕事をしていたかったにも関わらず、転勤になり誰も知り合いがいない土地にいつまでもいることで不満がたまることになります。
子供や家族が地元を離れることが難しい場合には単身赴任になりますし、長期間に渡っての遠距離生活では家庭自体が崩壊してしまうこともありますから、それを避けるために地元に帰りたいと思っている人も多いと思います。
反対に、地元で仕事をしていた人が、もっと都会でたくさんの仕事をして自分の能力を試したいと転職活動をすることもあります。
都心部の方が求人は多いですし、自分に合った職種を探すこともできます。
また、違う地方での転職を希望する人には、その地方でしかできない職種もありますから、自分のしたい仕事内容によって働き場所も変わります。
最近では、あまり場所にこだわらずに転職活動をする人が増えてきていますが、定年後のことも考え、都心部での華やかな生活よりも田舎暮らしのスタイルが人気になってきています。


このページの先頭へ戻る