外資系企業の選択

 

40代で転職活動をしている人にとっては、定年まで勤める会社になるので企業選びには特に慎重になっていると思います。
収入や会社の将来について安定性や将来性のある会社を希望する人が多い事を前提として、日本の転職情勢はますます厳しいものになりつつあります。
日本の企業は安定性などがある反面、年功序列の制度が消え去っていない会社も根強く残っていますから、40代の転職希望者を中途採用しようと考える企業は多いとはいえないかもしれません。
しかし、外資系の企業については、能力を基準に起用されることから、日本の企業と比べると採用する際に判断される要素が違っています。
外資系の企業では年棒制で雇われることが多く、能力によって給与や待遇が変化していきます。
自分の能力に対して給与が支払われますので、長時間の勤務時間などよりも仕事内容に重点が置かれますので、成果をあげればあげるだけ評価される対象になるでしょう。
自分の持っているスキルや資格などをアピールすることで、年齢に関係なく採用されることになります。
ただし、外資系企業は、日本企業よりもかなりシビアに能力を評価していますから、かなりの覚悟をして望むべきです。
他人よりも秀でた自分のアピールポイントを積極的に伝えていきましょう。


このページの先頭へ戻る