40代転職需要の厳しさ

 

40代の転職者にとって転職情勢は厳しいもので、企業側にとっても若い人材を募集する傾向があります。
若い人材を募集するメリットとしては、経験が浅いゆえに会社色に染めて育てていくことができることや人件費が少ないということなどがあります。
40代になると、前職ではそれなりのポストについて仕事をしていたことが想定されますし、長年のキャリアや経験とともにプライドや信念が深くなるため、会社によっては扱いにくい年齢とみなされてしまうことがあります。
いくら前職でキャリアがあったとしても、実際に雇って働いてみなければその能力を判断しかねますから、企業にとっては新しく人材を育てる方が、リスクが少なく済むと考えられることがあります。
また、年齢給や技術手当てなどによって、若い人材よりも給与面での待遇をしなければいけなくなります。
企業の利益を考慮するには、人件費を削減することが前提ですから、40代の転職者を定年まで雇うことと、若い人材を将来に向けて育てるための人件費を比較されてしまうことがあるのです。
このように、40代での転職需要はあまりよいものとはいえないため、収入や待遇についても妥協点を考えてみるなどの覚悟が必要になるかもしれません。


このページの先頭へ戻る