営業職への転職は

 

営業を中心に仕事をしてきた40代の転職希望者の多くは、その経験や知識を活かして同じ営業職を求める会社に転職しようと考えているようです。
営業職は比較的募集が多く、自分の営業力に自信がある人は新しい会社で力を試してみたり、今までとは違う商品を売ってみたいと思って転職活動をするのでしょう。
営業は誰でも出来そうに見えますが実は向き不向きがあります。
人と接することが好きで得意な人はよいでしょうが、話すことが苦手な人や社会人になってずっと社内業務をしていた人には難しい仕事かもしれません。
営業職はクライアントには細かい気配りが必要になりますし、先に起こることを見越して対応できる力も必要です。
そして信頼してもらうことで営業が成り立ち、成績によって評価されることがほとんどです。
自分の力を認めてほしい人は、特に営業職での活躍が目立つものになるでしょう。
また、40代の営業職に求められることは、営業チームの統括や責任です。
なにか不都合があれば責任を取る能力がある人や臨機応変な行動ができる人、誰にでも自然な表情や態度ができる人などは転職に成功できるでしょう。
同じ営業の募集でも年齢によって求められることが違ってきますから、40代らしさを出せる仕事ぶりが評価されるのです。


このページの先頭へ戻る