転職活動面接のコツ

 

転職活動には面接が必ず行われます。
履歴書での書類選考を通過しても面接で採用が決まることがほとんどです。
面接では今までの職歴経験や知識などを質問され、志望動機や転職理由などについても詳しく答えなければいけません。
40代での転職理由には、リストラや会社倒産などマイナスイメージの転職理由もありますが、嘘をつくよりも事実を述べる方がよいでしょう。
事実を述べながらも、その事実について前向きに行動していることやプラスに考えていることなどを盛り込んで答えるようにしましょう。
嘘や偽りは態度に出てしまいますし、深く掘り下げて話していくうちに分かることですから、ありのままの自分についてアピールできるとよいでしょう。

 

面接で質問されることの半分は決まっていることが多いですから、あらかじめある程度の質問に答えられるように回答内容を考えておくことで緊張がほぐれると思います。
また、自信がないような話し方や落ち着きがない態度はマイナスになりますから、もし回答に困ったとしても落ち付いてはっきりと答えられる練習をしておきましょう。
最後に企業側から質問が無いか問われますので、こちらの質問内容も用意しておくといいと思います。
面接の練習を行うことも本番に強くなるコツです。


このページの先頭へ戻る