退職手続きをスムーズに行う

 

転職活動をして転職先を見つけたり、今後退職してから転職先を見つけようと考えている人は、必ず早めに会社に退職願を出しましょう。
転職活動をしながら現職の仕事をしていると、精神的にも時間的にも余裕が無くなりがちですので忘れないようにしなければいけません。
特に40代は会社の中でも重要な仕事を任されていることが多いですから、辞めると言ってすぐに退職できるわけではありません。
退職願を出してから行うこととしては、後任者を探して仕事を引継いだり、自分のお客様や取引先にも挨拶などをしなければいけませんから退職までに時間がかかります。
そのようなことを踏まえて、会社によっては退職願を出してから退職するまでの期間を就業規則として設けているところがほとんどです。
また、就業規則で決まった期間を越えて仕事をしてほしいと依頼されることもありますから、上司と相談して臨機応変に退職日を決定しましょう。

 

退職願は会社のフォーマットを使用する場合と自分で一から作成する場合がありますが、誤字脱字に注意して作成し、分からない場合には本やマニュアルで確認しましょう。
提出する時期やタイミングにも考慮して「立つ鳥跡を濁さす」精神で退職するように心がけましょう。


このページの先頭へ戻る