職歴やキャリアを確認して自己分析を行いましょう

 

転職活動を始める前に、自分の経歴やキャリアについて振り返り整理してみましょう。
自分をアピールするためには自分について自分が一番知っておくことが大切ですから、整理をすることで新たな発見ができたり面接時などにスムーズに受け答えすることができます。
まずは、自分が働いてきた職歴を整理し、どんな仕事に携わってどんな内容の仕事をこなしたのか書き出してみます。
それに対して、どういった評価を得たのか、成功をおさめた実績や自分のキャリアになった事柄を詳しく抽出しましょう。
40代で転職をするとなると、それまでの約20年間にどんな仕事をしてどんなポジションで働いていたのかを簡潔にまとめて伝えていかなくてはいけませんから、要所を絞っておくと面接などではスムーズに回答できます。
所持している資格や技術力、専門的知識などについても整理しておき、転職先でも活躍させられるような資格については前面にアピールするとよいと思います。
また、時間管理や納期管理などについて厳しい感覚でいることや、相手の立場に立って行っていることなど具体的に気をつけていることをあげてみることも大切です。
仕事をする際に注意していることや心がけていることなど人間性に関わる事項についても自分を分析し、自己アピールしやすい準備を行っておきましょう。


このページの先頭へ戻る