家族の支えとサポートを求めましょう

 

一般的に40代の人のほとんどは家庭を持ち、子供や老後の貯蓄、住宅ローンなどにお金がかかるために仕事を頑張っている人も多く、自分の立てた人生設計をある程度進んだ段階にいると思います。
そんな時期に転職をすることは、人生設計を狂わせることになりますし少なからず家族を巻き込んでしまうことになりますから、転職については一人で悩まずに家族のサポートを必要としましょう。
ヘッドハンティングなどによる転職の場合は、給料の面では増加したり役職もつく可能性が高いですから心配はあまりないと思いますが、会社に不安や不満があったり自分の可能性を試すために転職を考えている人はリスクが伴います。
転職に成功しても年収が下がる可能性は高いですし、一定期間は生活するために家族の支えが必要になることもあります。
また、転職活動をしようと決めてから実際に決まるまでの期間がどのくらいになるのかは分かりませんので、その間も家族に心配や迷惑をかけることになります。
転職には家族の理解とサポートが必要です。
特に40代での転職活動はなかなかスムーズに進むと考えられにくいですから、金銭面だけではなく精神面でも家族の支えが必要になります。
転職活動をする前によく話し合い、一人で問題を抱え込まずに計画をきちんと立てて行うようにしましょう。


このページの先頭へ戻る