40代で転職する現実を知る

 

不景気な世の中が続きますので、会社は倒産しリストラを受ける人が年々増加しています。
特に中年世代の求職率は高まっており、ニュースなどで取り上げられるほど大きな問題になっています。
そんな中で転職を考えている人はかなり不安を感じていることでしょう。

 

40代で転職をすると転職先に貢献できる期間が20年もありませんから、会社側も将来長く務めることのできる若くて良い人材を募集しがちなので、40代以上の転職求人者は不利な状況だといえるでしょう。
年齢に関係なく転職が行われますから、年齢に関係なく自分をアピールできる資格や経験を持っていることが転職を成功させることになります。
また、40代に求められる仕事としては管理業務があげられるようですが、そのスキルがない場合には少し厳しいものになるかもしれません。
年齢重視で考えるのならば、企業側が即戦力を必要とする場合には若い人材の方が都合がよいからです。
40代以上で転職をすることはかなりのリスクを伴いますから、まずは現職での自分の立場を見直して改善できることを実践し、よく考えてから行うことが大切なのです。
数か所の企業に応募しただけではほとんど内定がもらえないという事実に覚悟を決めて、諦めずに前向きに成功を目指しましょう。


このページの先頭へ戻る