転職の情報収集方法を変える

 

転職を希望する人が活用する転職情報収集ツールには、インターネットを利用した転職活動支援サイトやハローワーク、求職情報雑誌などがあると思います。
これらの募集条件として「35歳くらいまで」と定められていることが多いので40代の転職希望者にとっては応募条件がないと思ってしまうことでしょう。
しかし、「くらいまで」ということは、年齢をきっちりと定めているわけではありませんので、他の条件にマッチするのであれば採用される確率はあります。
企業が年齢を条件に設定する理由に、募集している仕事内容が年齢的に合っているためですから、特に40代だからといって躊躇することはないのです。
だからといって応募することは気が引ける人は、もっと違う求人情報の利用をしてみてはいかがでしょうか。
たとえば、興味のある企業のホームページでは人材募集をしているところが多くあります。
この中に「キャリア採用枠」が記載されていることがありますので、40代としての今までのキャリアを活かせる仕事を募集していることがあるのです。
また、多くの40代以上の転職希望者に支持されている人材紹介会社の利用をすることで、自分にマッチした会社を紹介してもらうことができます。
求人情報も豊富なので、自分一人で仕事を探すことが難しい人は、このような機関を頼ってみることもいいかもしれませんね。


このページの先頭へ戻る