40代転職者が必要とされる能力と立場

 

会社では年代別に役割が決まっています。
たとえば、フレッシュさがある若い人材は営業や接客などを任せられて下積みをしますし、 30代頃になるとリーダーのような若い人材をまとめる立場、40代以上になると全体のまとめ役や管理職などに就くというように、ある程度の立場が決まっています。
それはお客様や取引先から見ても言えることで、若い人材が不手際をした際には40代ほどの上司が謝罪に行くことで了解してもらうことができたり、安心して任せられると思われるためです。
仕事に年齢は関係ないと思う人もいるかもしれませんが、信頼感や安心感を得るには歳が上の人の方が効果があるためです。
40代で転職をしようと思っている人は、雇う側のそのような意思をくみ取って自分をアピールするといいと思います。
今まで経験したことは明らかに若い人材よりも多いでしょうし、技術力や営業力、マネージメント力などを持っていることは期待されるものです。
また、40代になるとある程度社会人としてのプライドや自信がつくものなのですが、新しい会社に行くことで今までのプライドなどはリセットして、何事も謙虚な態度でいることも必要でしょう。
40代で転職することは難しいとされているようですが、自分の持っている能力と経験を必要としてくれる会社はきっと見つかるはずですから自信を持ってほしいと思います。

 

平成生まれ!部下の育成・指導法『変える』&『育てる』"5適"の法則


このページの先頭へ戻る